ファッション

力強い花柄プリントに溢れる 「マルニ」の来場者のファッションをチェック

 「マルニ(MARNI)」はミラノ・ファッション・ウイーク中の2月21日、2020-21年秋冬コレクションのショーを行った。来場者はブランドの象徴的なフラワープリントのウエアの着用率が高い。特に20年春夏の力強いハンドペイントの花柄のワンピースやジャケットに、グリーンやピンクなどの色鮮やかなニットを合わせるスタイリングが目立った。アクセサリーは、ショルダーバッグの “トランク リバース(TRUNK REVERSE)”やメタルリングが特徴的なバッグ“イヤリング(EARING)”などが人気だ。

 ショー終了後には、ランウエイを歩いたモデルたちが会場前に集合。黒や白、グレーのジャケットにデニムを合わせた私服姿だが、グリッターや金箔、カラフルなピグメントを髪と顔に施したヘアメイクはそのまま。前シーズンに引き続き、ヘア&メイクは「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のショーなどでも活躍するジュリアン・ディス(Julien d'Ys)が手掛けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら