ファッション

「カルバン・クライン」がミレニアル世代へ“CK ワン”打ち出し 渋スクのポップアップに手応え

 「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」は3月31日まで、渋谷スクランブルスクエア2階催事スペースで、“CK ワン(CK ONE)”のアンダーウエア&ジーンズコレクションと、香水“CK エブリワン(CK EVERYONE)”のポップアップイベントを行っている。2月28日にスタートし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてローンチイベントなどは中止したものの、「店の前を行きかう客数も多く、売り上げは非常に好調」(広報担当者)という。3月13日には、アーティストのCOIN PARKING DELIVERYが“CK エブリワン”のボトルやパッケージをカスタマイズするイベントも行った。

 1990年代にケイト・モス(Kate Moss)のキャンペーンビジュアルとユニセックスの考え方で一世を風靡した“CK ワン”のコンセプトを、今のミレニアル世代以下に向けて改めて打ち出している。東京に先んじてニューヨークでも、2月にソーホー地区で同様のポップアップストアを実施していた。

 渋谷のポップアップストアで売れているのは、ロゴ入りのスエットトップス(1万4000円)や香水“CK エブリワン”(8100円)、ブラトップ(5500円)、自動販売機で売っているトランクス(3300~4500円前後)など。「スエットなどはメンズ、ウィメンズと区別することなくお客さまが手に取っている。まさに“CK ワン”が90年代に打ち出していた通り」という。

 カスタマイズイベントに登場したCOIN PARKING DELIVERYは97年生まれで、もともとスマートフォンでイラストを描いていたというアーティスト。“CK エブリワン”を購入した客先着20人のボトルやパッケージに、その場でイラストやサインを描き込んだ。同香水は、他店では5月に発売予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら