ファッション

「セシルマクビー」のギャルの系譜を継ぐ 元「小悪魔アゲハ」モデルがジャパンイマジネーションでEC専業ブランド

 ジャパンイマジネーションは、EC専業の新ブランド「ルモアーズ(RUMOR.S)」を2020年春夏にスタートする。ブランドディレクターにはインフルエンサーの関口さくらが就任。ギャル雑誌「小悪魔アゲハ」(現在は休刊)元専属モデルで、インスタグラムでは14万以上のフォロワーを抱えるカリスマギャルだ。3月19日に立ち上げ、26日から販売を開始する。

 ブランド名の「ルモアーズ」は“噂”の意。「なりたい自分を貫いて、皆にあこがれ、噂をされるほど魅力的になりたい」という10~20代前半の女の子に訴求し、「着る人にも見る人にも飽きさせないブランド」(関口)を目指す。

 インスタグラマーである彼女らしさとして、「さまざまなシーンでの“映え”を意識したデザイン」を取り入れた。同社の主力「セシルマクビー(CECIL MCBEE)」はリブランディングで大人しめのガーリーテイストに移行しているが、同ブランドがかつて打ち出していたような、大胆な肌見せや派手なカラーリングを特徴とする。

 前身頃を短くしたへそ出しのトップス(7500円)は、袖にも大胆なボリュームを持たせた特徴的なデザイン。さらにボトムスには、大きくダメージの入ったウオッシュド加工のジーンズ(9750円)を合わせてスパイスを効かせる。明るいオレンジのボディーにポップな書体でブランド名をレタリングしたスエット(7500円)は、男女兼用のオーバーサイズでペアルックも可能だ。

 また、気分次第で身に着けるアイテムもさまざまという関口は、かっちりとしたアイテムも用意。テーラードジャケット(1万1500円)は甘いベージュとピンクのカラー展開で、キャミソール(8400円)やショーツ(8200円)とともにガーリーに楽しめるよう提案する。今後はオリジナルコスメの販売も視野に入れる。

 同社のEC専業ブランドとしては、同じくインフルエンサーの中村麻美をディレクターに立てた「カシェック(CACHEC)」に続く2ブランド目。「カシェック」はブランド立ち上げの19年9月に3500万円を売り上げ、その後も「順調に推移している」(同社広報)という。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら