ファッション

デイトナがミレニアル世代に向けたオンオフ兼用ブランド「シグ フリークス ストア」をスタート

 デイトナ・インターナショナルは3月4日、新ブランド「シグ フリークス ストア(SIG FREAK’S STORE)」をスタートさせ、ルミネ新宿ルミネ2の3階に1号店となるメンズ・ウィメンズの複合店をオープンした。

 「シグ フリークス ストア」は“次世代のちょうどいいソーシャルウエア&ライフ”をテーマに、現代に寄り添う“シグネチャー(新定番や代表的など)”を目指す。ミレニアル世代に向け、機能性とファッション性を兼ね備えたオンオフスタイルを提案する。

 ウィメンズはストレッチ素材のジャケットやはっ水加工、静電気防止効果のあるワンピースなどが中心。メンズは軽量感やストレッチ性、接触冷感を備えたセットアップや、速乾性に優れたシャツなどをそろえる。オフでも使いやすいカジュアルなシルエットが特徴。ジャケットが1万円台前半、パンツが8000円程度、コートが1万5000円程度。

 ほかにも「シチズン(CITIZEN)」の次世代スマートウオッチ“エコ・ドライブ リィイバー(ECO-DRIVE RIIIVER)”や、長期保存できる防災食“イザメシ”、発電ライトと防水ポンチョ、水筒、ライトなどがセットになった“ミニメイド(MINIM+AID)”といった防災グッズも取り扱う。

 オープンを記念して、デニムブランド「アッパーハイツ(UPPER HIGHTS)」や「インディビジュアライズド シャツ(INDIVIDUALIZED SHIRTS)」の別注アイテムの販売に加え、カットソーブランド「カーリー(CURLY & CO.)」のポップアップイベント、カスタムバッグのオーダーイベントなどを開催する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら