ファッション

ビビッドカラーのお手本スタイリング 「MSGM」のショー来場者たちから学ぶ

 イタリアブランド「エムエスジーエム(MSGM)」のショー会場には、他のミラノブランドよりも、20〜30代の若いゲストが多く集まる。ミラノ・ファッション・ウイーク中の2月22日に行われた2020-21年秋冬コレクションのショーには、ブランド設立10周年のアニバーサリーコレクションとなった20年春夏の新作をまとったゲストたちが多く来場した。

 特に「エムエスジーエム」の来場者たちはビビッドカラーの色使いがうまい。ネオンカラーやパステルカラーは全身でワントーン、または白や黒のアイテムと合わせることで色を強調したスタイリングにまとめている。アイテムでは、パフスリーブでひじから先を絞った“ジゴ袖”のドレス、色鮮やかなジャケットスタイルにも注目。また「エムエスジーエム」のフラップやクロージャー(留め具)が “M”を象ったカラフルなバッグの着用率も高く、コーディネートのポイントになっていた。

 日本からは、ファッションアイコンのAMIAYAのほか、DJユニットとして活動するUNAとMATCHA、モデルのシェン(Shen)らが訪れていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら