フォーカス

「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が1周年 コーヒーへのこだわりあふれる特別メニューを用意

 中目黒駅から目黒川沿いに歩いて約15分。「スターバックス コーヒー」の日本初の焙煎所内設型大型店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が28日で1周年を迎える。普段から利用する人も多い「スターバックス」とは、ひと味もふた味も違う上質なコーヒーやカクテルが楽しめ、連日朝から晩まで賑わいを見せる同店。ここでは1周年を記念して登場するスペシャルメニューをリポートする。

 19日、メディア向けの1周年記念メニューの試飲会が同店で行われた。「私たちが常に中心に捉えているのは『コーヒーへの情熱』であり、お客さまに革新性あるサービスを体験いただくことを心掛けている」と水口貴文・スターバックス コーヒー ジャパンCEO。同店では、ウイスキー樽で香り付けをしたこだわりのコーヒーや、さまざまなリキュールとのマリアージュを楽しむコーヒーカクテルなど、他では味わえない1杯を用意。また、バー型の飲食スペースや開放感のある屋外テラスなど、豊かな時間を楽しめる環境設計も特徴で、「この1年、『スターバックス リザーブ ロースタリー東京』において、日本および世界中から訪れるお客さまとパートナー(従業員)が、特別な瞬間を分かち合う場所として、育ちつつあることを実感している」と力を込める。1周年記念商品も、そんな同店のこだわりと特別感が凝縮されたドリンクがそろっており、中でも特におすすめの5商品を紹介する。

“バレルエイジド ハイボール”(900円)

 バーボンウイスキーの樽で熟成させたコーヒー豆をコールドブリューで抽出したビバレッジ、バレルエイジド シリーズに、ハイボールタイプが登場。価格も値ごろに、気軽に楽しめるよう開発されたというハイボールは、水出しコーヒーに2種類のシロップを加え、炭酸水で割ったもの。グラスの縁に飾られたレモンピールが嗅覚を心地よく刺激し、微炭酸とともに爽快感を与えてくれる。氷が溶けても味のバランスが保たれるよう計算されているため、テイクアウトもOK。新たなコーヒー体験となること間違いなしの一品だ。

“アニバーサリー ティラミス フライト”(1800円)

 1階奥に位置する、イタリアンベーカリー「プリンチ」では、人気のティラミスをベースに、各フロアにある3つのバーとタッグを組んで新たなティラミスを開発。「スターバックス リザー」のコーヒーをスポンジに染み込ませたものやV.S.O.P.ブランデーを加えた大人な味わいのもの、抹茶と組み合わせた香り高いタイプまで個性豊かなラインアップだ。4種がセットになった「アニバーサリー ティラミス フライト」も期間限定で登場する。さっぱりしているのにコクのあるイタリア産マスカルポーネが、それぞれの個性を引き立てつつ本格派の味わいに仕上げている。

“ティバーナ クリーム ソーダ さくら”(900円)

 折り紙をモチーフにした天井や茶室をイメージした空間作りなど、随所に和の要素が盛り込まれた2階「ティバーナ」では、福岡産八女茶とチェリー、ハイビスカス、バラ、マンゴーをブレンドした「さくら アリュール」を使った6品を周年メニューとして再販。中でも特におすすめなのが、ピンクのグラデーションが美しい「ティバーナ クリーム ソーダ さくら」。甘酸っぱい味わいのさくらアリュールにアイスを少しずつ溶かしながら、ミルク感をプラスして楽しみたい。

“スターバックスリザーブ エスプレッソ マティーニ”(2000円)

 昼夜問わずに賑わいを見せる本格的なバー、3階「アリビアーモ」からも、1周年を記念した商品が登場。その一つは、世界のカクテルシーンで注目を集めているエスプレッソ マティーニのスターバックス版として考えられた「スターバックスリザーブ エスプレッソ マティーニ」。ウォッカとバニラビーンシロップ、エスプレッソを合わせたカクテルは、シンプルな構成ゆえ上質なエスプレッソとバーテンダーの腕が美味しさの要に。なめらかな質感のフォームの上には中目黒「グリーン ビーン トゥ バー チョコレート」のチョコレートを削ったものが加えられ、ビターなカクテルに心地よいアクセントとなっている。

“スプリングシャワー”(2000円)

 シェリー酒をベースに、日本の蒸留酒2種とハニーシロップを合わせ、仕上げに少量の水出しコーヒーを表面に浮かせた「スプリングシャワー」は、華やかな味わいのカクテル。表面に浮かぶ桜の花びらが優美で、贅沢なひと時を演出。桜の季節にベストマッチのカクテルだ。

■スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
住所: 東京都目黒区青葉台2-19-23
営業時間:7:00~23:00

最新号紹介