ファッション

2020-21年秋冬NYコレのストリートスナップから見るリアルトレンド 気分は脱ストリート、ジャケットスタイルが台頭

 ニューヨークでは2月7〜12日、2020-21年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイークが開催された。先シーズン(20年春夏)のニューヨーク・コレクションではストリートスタイルが収束し、トレンドがエレガントに回帰する動きが見られた。ストリート特有のオーバーサイズシルエットだったり、スポーティーな素材使い、さらにはネオンカラーまでも取り入れるカラフルなアイテムはすっかり表舞台から姿を消し、その代わりにエレガントでタイムレスなスーツやプリーツスカート、ボウタイブラウスなどがランウエイを飾った。

 その流れは今季のストリートスナップでもリアルなトレンドとして色濃く反映された。ショー来場者の多くは、クラシックなジャケットを羽織りストリートを歩いた。ボックスシルエットのビッグサイズなものからボディラインをほどよく見せるジャストサイズのもの、またカラーもトラディショナルなグレーやホワイトから遊びここのあるカラフルなものまで、スタイルは多岐に渡った。かっちりしがちなジャケットだが、少しゆったりとしたパンツやデニムと合わせたりすることでカジュアルに着こなす人が多かった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら