ファッション

2020-21年秋冬NYコレのストリートスナップから見るリアルトレンド マニッシュなパンツスタイルで極寒を凌ぐニューヨーカー

 気温が氷点下を下回る日が続く極寒のニューヨークでは現在、2020-21年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイークが開催中だ。厳しい冷え込みの中、ファッション・ウイークに赴くインフルエンサーやエディター、バイヤーの多くは、パンツスタイルをチョイス。トレンドがストリートからエレガントにシフトする中でスーツスタイルも目立ち、中でもジャケットにパンツを組み合わせるコーディネートが目を引いた。リラックスしたシルエットのものがほとんどで、スーツスタイルにカジュアルさをプラスしたり、ストリートの名残を感じさせるボリューミーなシルエットを楽しんだりしている。コンバットブーツをはじめとするレザーブーツを合わせる人も多く、マニッシュなスタイルが主流のようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら