ファッション

2020-21年秋冬NYコレのストリートスナップから見るリアルトレンド マニッシュなパンツスタイルで極寒を凌ぐニューヨーカー

 気温が氷点下を下回る日が続く極寒のニューヨークでは現在、2020-21年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイークが開催中だ。厳しい冷え込みの中、ファッション・ウイークに赴くインフルエンサーやエディター、バイヤーの多くは、パンツスタイルをチョイス。トレンドがストリートからエレガントにシフトする中でスーツスタイルも目立ち、中でもジャケットにパンツを組み合わせるコーディネートが目を引いた。リラックスしたシルエットのものがほとんどで、スーツスタイルにカジュアルさをプラスしたり、ストリートの名残を感じさせるボリューミーなシルエットを楽しんだりしている。コンバットブーツをはじめとするレザーブーツを合わせる人も多く、マニッシュなスタイルが主流のようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら