ファッション

冬コーデに映える こなれ感がアップする“ビーニー”の取り入れ方

 “ビーニー”とも呼ばれるニット帽は冬のコーディネートを助けてくれるアイテムです。防寒面ではもちろん、髪型も気にせずに済むので、近場のお出かけにも便利。ニット特有の質感のおかげで、ほっこりリラックス効果も発揮。顔周りが明るくなる上に、小顔効果のおまけ付きです。

 「コーチ1941(COACH 1941)」は、ヒッコリーストライプのアウターとスカート、ストライプシャツでトリプルストライプの装いにまとめました。シャツのブルーをビーニーにも生かして、顔周りをクールに表現。ダークカラーになりがちな冬ルックですが、明るい色をビーニーで取り入れれば、手軽にカラーバリエーションを広げられます。

赤ビーニーでチーク効果 あでやかさを上乗せ

 冬は装いに色が不足しがちになるので、赤系を顔周りに迎えられるビーニーは重宝します。顔周りにチークのような効果が期待できます。

 「マリメッコ(MARIMEKKO)」は、クロップド丈のピンクのニットカーディガンとグラフィカルなイージーパンツを組み合わせて、ソフトな雰囲気を演出。赤ビーニーをかぶることで、ポップな雰囲気を上乗せしています。帽子のかさ上げで縦長効果も。

ポジティブな印象付けに便利 バッグと合わせてプレイフル

 ビーニーは、ニューノーマル下でファッションに求められる、元気さやポジティブさといったムードを演出しやすいアイテムでもあります。

 「ノントーキョー(NON TOKYO)」は、ビッグモチーフが配された長袖Tシャツに、チェック柄のロングスカートを合わせて、“大人かわいい”系のストリート風コーデに。柄を生かした、プレイフルな着こなしです。さらに、バイカラーのビーニーとふわもこバッグでぬくもり感をプラス。赤を共通させて、小物が響き合うようなリズムを引き出しました。

白ビーニーでレフ板効果 色味はあえてずらす

 全体の色・柄からずらしてビーニーを取り入れるとアクセントになります。ニットならではの風合いを生かすには、白系が効果的。顔に光を集める“レフ板”効果も期待できます。

 「アニエスベー(AGNES B.)」は、チェック柄のセットアップで英国調のコーディネートに整えました。キーカラーは赤と黒。そこに白ビーニーを差し色的に加えています。ニット特有の“癒やされ感”を上手に使うと、顔周りにやさしげな印象が寄り添います。赤、黒と好対照な白を用いることで、“赤×黒”のコントラストが際立つ配色です。

“きれいめストリート”の3点セットで統一感アップ

 先ほどの“ずらし技”とは正反対の“束ね技”も使えます。ビーニーを含めて3点以上を同じ素材や色・柄で統一すれば、きちんと感が備わり、大人っぽさもアップ。シーンを選ばないコーデに仕上がります。

 ビーニー、マフラー、スカートの3点コーデを披露したのは「ワイスリー(Y-3)」。一般的にはカジュアルなイメージが強いビーニーですが、3点セットで統一感を高めれば、スタイリッシュに格上げ。ビーニーとマフラーにあしらわれたロゴが程よいアクセントになっています。モノトーンでまとめているのに、3アイテムの強弱のハーモニーで動きも出ています。

手仕事感で穏やかリッチ気分に ケーブル編みで小顔効果

 目立つポジションにあるからこそ、ビーニーは着こなしのムードチェンジャーになってくれます。立体感のある編み方を生かして、パンチを加える使い方も可能です。

 ざっくりしたケーブル編みのピンクニットを主役に据えたのは「ホリデイ(HOLIDAY)」。マニッシュなグレーのパンツを合わせて、ジェンダー&テイストミックスのコーデに。さらにケーブル編み×花柄の刺繍でクラフト感たっぷりのビーニーで穏やかな装いに。ニットアイテムをダブルで迎えて、ハンドクラフトのあたたかみを際立たせました。ニットの立体感のおかげで小顔効果もアップしています。

 寒さが厳しくなるこれからの時期は、まさにビーニーの出番。防寒アイテムとしてだけでなく、装いを深めるキーピースとして活用してみましょう。ニット素材ならではのあたたかな風合いは、穏やかさやリラックス感が欲しくなる、ニューノーマル下のおしゃれにうってつけです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら