ニュース

ミニーマウスがついにハリウッド殿堂入り 「コーチ」が衣装を制作、記念コレクションも発売

 世界中で愛される永遠のヒロイン、ミニーマウス(Minnie Mouse)が90歳(?)の誕生日を迎える1月22日に、数々のハリウッドスターたちの名前が彫られたウォーク・オブ・フェームに通算2627個目の星が贈呈された。ウォーク・オブ・フェームとは、ハリウッド大通りとヴァイン通り沿いの歩道のことであり、エンターテインメント業界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込んである。この日ために「コーチ(COACH)」のスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)=クリエイティブ・ディレクターが特別にミニーマウスの衣装を制作した。同日ロサンゼルスのエルキャピタン劇場で行われたセレモニーには、パートナーのミッキーマウス(Mickey Mouse)はもちろんのこと、ケイティ・ペリー(Katy Perry)やロバート・アイガー(Robert Iger)=ウォルト ディズニー(WALT DISNEY CO.)会長兼最高経営責任者(CEO)が参加し、ウォーク・オブ・フェームに名を刻むことを祝福した。

 偶然にもミニーの誕生日はナショナル・ポルカドット・デイ。多くのアメリカ国民がポルカドット柄をまとったりモチーフを楽しんだりしたが、ミニーの右に出ることができた人は少なかっただろう。赤地に白のポルカドットのワンピースがミニーの定番ファッションだが、ヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターは、ブラックのスパンコールを施したポルカドットのプレーリースカートにライダースジャケットをコーディネートし、エッジーに仕上げた。

 ミッキーもストリートファッションの雰囲気を落とし込んだ「コーチ」のライダースジャケットで、ケイティはミニーとミッキーのイラストがプリントされたシャツドレスで登場した。ケイティが着用したシャツドレスは、ミニーのためにヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターが製作したカプセル・コレクションの中の一つ。

 ミニーのクールな面を表現し、ノスタルジックでレトロなグラフィックを使用したというカプセル・コレクションは、バッグ、革小物、Tシャツ、ドレス、ボーイフレンドジャケット、スエット、フーディーなどをそろえ、22日にニューヨーク、日本、台湾の「コーチ」の直営店および取扱店舗で発売された。価格帯は75〜1450ドル(約8250〜15万9600円)だ。

 ただし、セレモニーでミニーが着用したプリーツとレース、クリスタルの装飾が施されたプレーリードレスと“M”の文字やビンテージ風パッチをあしらったライダースジャケットは、ミニーだけのためのものだという。さらに、ミニーのシューズも普段のイエローではなくレッドにチェンジし、女の子らしいクリスタルのボウを施した。

 セレモニーの数週間前には、「コーチ」のニューヨーク・ハドソンヤードの本社をミニーがフィッティングに訪れ、ヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターと対面した。ミニーからはコメントが得られなかったが(というよりミニーは話せないので)、フィッティングルームでくるくると回ったり、長いまつ毛をパチパチさせたり、「コーチ」のデザインチームの前でウオーキングを披露するなど、楽しんでいる様子を見せた。
 
 自身もディズニーの大ファンであるというヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターは「ミニーと会ったのは初めてだけど、僕たちの間にはちょっとした歴史があるんだ。ミッキーのコレクションを作ったのは本当に楽しかったよ」と話す。2016年、「コーチ」はミッキーをフィーチャーしたコレクション「ディズニー × コーチ1941(DISNEY X COACH 1941)」を発売。ヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターは、17年春夏のメンズ・コレクションのショーのフィナーレの挨拶でもミッキーのTシャツを着用していた。さらに18年プレ・フォール・コレクションでは、ディズニーのダークサイドにフォーカスして「白雪姫」から毒りんごのモチーフを取り入れたり、“Sleepy”などの刺しゅうを施したレザーバッグなどを披露した。

 人間の女性ではなくキャラクターのために服をデザインしたことについて、ヴィヴァース=クリエイティブ・ディレクターは「ディズニーとは何年も前からも一緒に仕事しているし、ミニーのプロポーション、どんなシルエットが似合うかは分かっていたよ。ミニーらしく、同時に『コーチ』らしいカラーを選んだ。何か新しい、びっくりするもので遊び心を加えつつ、クールな面も出したかった。ディズニーはどこでも人気がある。どこに行っても、みんなミッキーマウスが誰なのか知っている」と話す。

 では、ドナルド・ダッグ(Donald Duck)やグーフィー(Goofy)のコレクションも手掛けたいかという質問には、「ディズニーと仕事するときは毎回、頭の中にアイデアが思い浮かぶんだ。ディズニーとの仕事は本当に楽しいし、もしかしたらあり得るかもね」と語った。

 ミッキーはデビュー50周年を記念して1978年に、白雪姫やドナルド・ダック、ティンカー・ベルなどの他のディズニーキャラクターも、ウォーク・オブ・フェームの星を贈呈されている。