ファッション

話題の“グラニーニット”をどう着る? 野暮ったくならない着こなしテク

 “おばあちゃん”を意味する“grand mother”に由来するGranny knit(グラニーニット)の人気が広がっています。どこか懐かしげなムードが漂う柄や編み地が特徴。ほっこり感漂うニットは、リラックスした気分を求めるニューノーマル下の装いにうってつけ。そんなグラニーニットをファッショニスタはアクティブやきれいめといった別テイストとミックスして上手に着こなしています。

 古風なモチーフを編み込んだグラニー風ニットも、おしゃれエキスパートの手にかかれば、クールなジェンダーレスルックに一変。セーターの裾をウエストインして、キャメル系のデニムパンツと白ブーツを合わせ、凜々しさも引き出しました。近ごろはコテコテのグラニーではないタイプも増え、さらに着こなしやすくなっているので、この冬の参考になりそうな派生形スタイリングをピックアップしてみました。

決め手はパンツ選び クール×ソフトのめりはりコントラスト

 レトロ感強めなグラニーニットデビューにおすすめなのは、ダイナミックな柄を編み込んだタイプ。マルチカラーのアート系モチーフがさまになるデザイン。装いにスパイシーさを添えているのは、パテントレザー(エナメル)の細身パンツ。きっちりウエストインして、めりはりの効いたシルエットを描き出しました。クラッチバッグとパンプスのアニマル柄もインパクトを添えています。

 極太のボーダーセーターは量感が出やすいので、コンパクトなボトムスで合わせるともたつきを抑えられます。2枚目のオフショルダーのボーダーニットは、ショートパンツを合わせることでシャープな仕上がりに。さらに、インナーにノースリーブのハイネックを着込み、立体的なレイヤードルックで差をつけています。黒ストッキングとコンバットブーツで脚線を引き締める小技も効果的です。

エレガント派におすすめな同系色コーディネート

 おばあちゃんが持っていそうなカラートーンのセーターは、色味の近いニアカラーを選べば同系色でまとめる“トーン・オン・トーン”コーデに仕上げられます。マゼンタカラーの愛らしいムードのニットとジャケットの色を合わせてアンサンブルのような仕上がりに。さらにリップメイクとパンプスもピンクを選んで、きちんと感のある装いに整えました。

 うね編みの盛り上がりが鮮やかなニットもおばあちゃんムードを漂わせます。また、首を覆うタートルネックはほっこり感もプラス。全体を同系色でまとめるコーデは、このタイプにも効果的です。2枚目の写真では、エクリュカラーのざっくりニットが主役。同系色のワイドパンツを合わせて、大人っぽく上品にまとめています。また、異素材を組み合わせることで互いの違いを際立たせる効果も発揮。大ぶりのゴールドネックレスとボリュームイヤリングが、華やかでエフォートレスなコーデに仕上げました。

フェミニンなスカートでこなれた脱力感を演出

 ボリュームのある、ゆる系フォルムのニットをもたついて見せないアレンジは、ボトムスの選び方がポイントになります。グリーンのリブ編みニットがだぼついて見えないのは、裾に向かってたっぷりと広がるフェミニンなマキシ丈スカートのおかげ。帽子やミニバッグをアクセントに添えた大人かわいい小技も盗みどころです。

 夏に着ていたようなノースリーブのワンピースの上にざっくりニットを重ねれば、リラックス×フェミニンの“癒し系コーデ”に。2枚目の写真のグリーンニットは、左右がアシンメトリーなのに加え、スリットがリズム感を生み出します。さらに、ネオンカラーのパンプスで軽かな足元を演出しています。

 レトロな雰囲気が魅力のグラニーニットは、穏やかな気分を誘ってくれます。愛らしさやほのぼのした雰囲気は生かしながらも、きれいめのアイテムやアクティブなムードを取り入れて着こなすのが今季流。少しひねりを加えたアップデートがおすすめです。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら