ニュース

ロレアルプロフェッショナルがヘアカラー関連ツールを100%リサイクルプラスチック原料に

 サロン専売ヘアケア事業を行うロレアルプロフェッショナル(L’OREAL PROFESSIONEL)はロレアル・グループが2013年から掲げる、よりよい環境や社会の持続的発展のためのコミットメント「SHARING BEAUTY WITH ALL―美のすべてを、共に次世代へ―」の取り組みを強化する。

 「SHARING BEAUTY WITH ALL―美のすべてを、共に次世代へ―」は製品パッケージや成分、製品化の過程で発生する環境負荷の削減のほか、サロンで従事する美容師の健康問題へも注力していくもの。自然環境配慮の取り組みとして製品パッケージのアルミニウム使用量を減らし、年間消費量を削減しているほか、今後ヘアカラー関連ツールは100%リサイクルプラスチック原料を用いるなど、より環境に配慮したサステナブルな生産活動を行う。

 また、美容師の75%が抱えるといわれるMSD(筋骨格系障害)の防止プログラムを通じて健康問題にもアプローチする。同病気は筋肉・腱・関節へ影響を及ぼし、早期離職にもつながる美容師の職業病で、ロレアル・グループは有病対策として無料のモバイルアプリケーション「15’ Coach」の提供を開始した。同アプリ内で定期的に症状を管理することでMSD予防・健康維持に努めている。

 ロレアル・グループでは、グループ全体で20年までに二酸化炭素排出量、水消費量、廃棄物発生量をそれぞれ60%削減する取り組みや100%再生可能な自然原料を導入するなど循環型ビジネスに向けた取り組みを続けている。