ファッション

スイス発ジュエラー「ピアジェ」が銀座で2店舗目のブティック ギンザ シックスに

 スイス発ジュエラー「ピアジェ(PIAGET)」は1月20日にギンザ シックス(GINZA SIX)内に銀座で2店舗目のブティックをオープンする。約50平方メートルの同店舗では、アイコンの“ポセッション”や太陽がモチーフの“サンライズ”などジュエリーやウオッチを販売。オープンを記念し、ピアジェ家4代目のイヴ・ピアジェ(Yves Piaget)会長の名を冠したバラをモチーフにした“ピアジェ ローズ”コレクションの販促を先行でスタートし、会期中の購入者には仏料理界の巨匠ピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire)とコラボレーションしたオリジナルのチョコレートをプレゼントする。銀座本店から程近いロケーションだが、本店では従来の顧客を対象としたサービスを提供し、ギンザ シックスの店舗ではツーリストや新顧客獲得に注力する。

 ギンザ シックスには「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)などのジュエラーも入っており、訪日客や新客の取り込みには効果的なようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら