ファッション

相澤陽介が「リーガロイヤルホテル」の新ユニホームをデザイン

 ロイヤルホテルの旗艦ホテルである「リーガロイヤルホテル(大阪)」は、1月16日に創業85周年を迎えるにあたりユニホームをリニューアルした。デザインは「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」の相澤陽介デザイナーが担当した。ディレクターのユニホームは30年ぶり、ベルボーイ・ベルガールは12年ぶり、フロントスタッフは6年ぶりの変更となる。

 新ユニホームは、昨年6月に改装したメインロビーの空間と親和性を持たせたデザインで、宿泊部のディレクター、ベルボーイ、ベルガール、フロントスタッフが着用する。男性のネクタイには、ロビーの柱にある金蒔絵の鳥模様をパターンに取り入れ、格式ある上品さを表現。フロントスタッフは、一目でホテルスタッフとして認識できるよう視認性に優れたカラーリングとデザインにした。コーポレートカラーの“ロイヤルグリーン”をアクセントに、ベースカラーの紺色との配色が目を引く。ファッション性に加え、軽さ・伸縮性・通気性の高い素材を採用して作業効率の向上を図った。

 相澤デザイナーがホテルユニホームをデザインしたのは今回が初めて。18年にはトヨペットの店舗のエンジニアが着用するメカニックスーツをデザインしたほか、現在サッカー・J1リーグに所属する北海道コンサドーレ札幌のクリエイティブ・ディレクターを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら