メルカリが“知識を売買”する新サービス「ティーチャ」を来春開始

企業動向

2017/12/12 (TUE) 05:30

 メルカリが来春、語学学習などの知識に関するマッチングアプリ「ティーチャ(teacha)」をローンチする。物品のマッチング(売買)を行う「メルカリ」に対して、情報・知識を“教えたい”人と“学びたい”人を結びつける新サービスだ。運営は新規事業を担当する子会社のソウゾウが行う。

 対象分野は語学やプログラミング、資格取得、料理、音楽、スポーツなど多岐にわたり、1時間単位で学習時間を設定できる。12日にはティザーサイトを公開し、“教えたい”“学びたい”両ユーザーの登録を開始した。まずは、対象エリアでの招待制サービスとしてローンチを予定する。あわせて、学びの場となるスペースの提供が可能な地方自治体やパートナー企業を募集する。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 幸せに満ちたメーガン妃のブライダルメイクは「ディオール」新ライン

    ブライダルイベント新ブランド・新ライン PR
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false