ファッション

NYの若手注目株 「ピーター ドゥ」が南青山でポップアップショップ

 ニューヨーク発のファッションブランド「ピーター ドゥ(PETER DO)」は12月21〜28日、東京・南青山のセレクトショップのアデライデ(ADELAIDE)に国内初のポップアップストアを開く。

 2020年春夏コレクションの先行販売をはじめ、デザイナーのピーター本人が初来日して手掛けたインスタレーションでブランドの世界観を表現する。都会と自然が融合した空間で、ブランド独自の特殊素材“スペーサー(SPACER)”を使ったシースルーのジャケットやプリーツスカートなどを展示する。

 期間中に「ピーター ドゥ」の商品を購入した人にはノベルティーとして、デザイナーのピーター・ドゥによる直筆サインとナンバーを入れたタンクトップを先着でプレゼントする(無くなり次第終了)。

 デザイナーのピーターはニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業後、14年の「LVMH グラジュエーツ プライズ(LVMH Graduates Prize)」で優勝。拠点をパリに移しフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)率いる「セリーヌ(CELINE)」で2年間経験を積んだ。その後ニューヨークに戻り「デレク ラム(DEREK LAM)」で1年半デザイナーとして働いた。19年春夏シーズンには自身の名を冠したブランド「ピーター ドゥ」を友人4人と立ち上げた。“問題解決”を軸にしたデザインとテーラリングを得意とし、ミレニアル世代のデジタルマーケティングでSNSでも多くのファンを獲得する。デザイン、パタンナー、プレス、セールスを内製化し、商品の大半はメード・イン・ニューヨークであることも特徴だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら