ファッション

NYの若手注目株 「ピーター ドゥ」が南青山でポップアップショップ

 ニューヨーク発のファッションブランド「ピーター ドゥ(PETER DO)」は12月21〜28日、東京・南青山のセレクトショップのアデライデ(ADELAIDE)に国内初のポップアップストアを開く。

 2020年春夏コレクションの先行販売をはじめ、デザイナーのピーター本人が初来日して手掛けたインスタレーションでブランドの世界観を表現する。都会と自然が融合した空間で、ブランド独自の特殊素材“スペーサー(SPACER)”を使ったシースルーのジャケットやプリーツスカートなどを展示する。

 期間中に「ピーター ドゥ」の商品を購入した人にはノベルティーとして、デザイナーのピーター・ドゥによる直筆サインとナンバーを入れたタンクトップを先着でプレゼントする(無くなり次第終了)。

 デザイナーのピーターはニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業後、14年の「LVMH グラジュエーツ プライズ(LVMH Graduates Prize)」で優勝。拠点をパリに移しフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)率いる「セリーヌ(CELINE)」で2年間経験を積んだ。その後ニューヨークに戻り「デレク ラム(DEREK LAM)」で1年半デザイナーとして働いた。19年春夏シーズンには自身の名を冠したブランド「ピーター ドゥ」を友人4人と立ち上げた。“問題解決”を軸にしたデザインとテーラリングを得意とし、ミレニアル世代のデジタルマーケティングでSNSでも多くのファンを獲得する。デザイン、パタンナー、プレス、セールスを内製化し、商品の大半はメード・イン・ニューヨークであることも特徴だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら