ファッション

海外進出を決めた実力派デザイナーデュオ 個の力と一体感を武器に飛躍を誓う舞台【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 メンズブランド「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」は“ポスト ジャポニスム”をコンセプトに掲げ、デザイナーの中嶋峻太と川瀬正輝が影響を受けてきた日本のアートの要素を取り入れた服作りが特徴だ。テーラードやミリタリー、ストリートウエアなどあらゆるメンズウエアの要素を融合し、再構築して、時には美しいアート作品のように、またある時にはカルチャー色の強いストリートウエアに仕立てる。振り幅の広さに対してクリエイションには一貫性があり、大手百貨店やセレクトショップからの信頼も厚い。18年には普遍的デザインにこだわった「プロダクト オールモストブラック(PRODUCT ALMOSTBLACK)」を立ち上げ、ビジネスも好調。同年には法人化し、19年からは中嶋が「オールモストブラック」を、川瀬が「プロダクト」をリードする分業制にした。多くの日本人デザイナー同様、彼らはこれまで自身についてあまり多くを語りたがらなかった。しかし、20年に満を持して海外進出するタイミングで、それぞれのルーツや気持ちを外に発信していきたいという。ラフ・シモンズ(Raf Simons)の下で経験したこと、共通の恩人のこと、そしてブランドの未来のこと——内に秘めた個を表に出す決意の裏側には、2人の強い思いがあった。

2人を育てた、2人の師

WWD:経歴が異なる2人はどのようにして出会った?

川瀬正輝「プロダクト オールモストブラック(以下、プロダクト)」デザイナー(以下、川瀬):ファッションと音楽がとにかく好きで、いつかはブランドをやりたいと思っていた。学生時代に雑誌で坂田真彦さん(アーカイブ&スタイル代表)を見て幅広い知識やスタイルに憧れ、坂田さんが当時ディレクターを務めていたアパレル会社に入社した。そこで中嶋と出会った。

この続きを読むには…
残り3270⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら