ファッション
連載 今、デザイナーができること

連載「今、デザイナーができること」Vol.11 中嶋峻太&川瀬正輝「ファッションはコミュニケーション、社会と積極的に関わり貢献したい」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、「WWDジャパン」がファッション界の次世代を担う人として「ネクストリーダー」に選出した、「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」の中嶋峻太デザイナーと、「プロダクト オールモストブラック(PRODUCT ALMOSTBLACK)」の川瀬正輝デザイナーが登場。

ALMOSTBLACK
中嶋峻太デザイナー

Q.今、デザイナーができることは?

A.このような状況でも取引先から注文があり、生産も滞ることなく進んでいる。2021年春夏シーズンは影響がさらに拡大することが予想されるので、取引先や生産者の負担が少しでも減るような仕組みを考えたい。僕もこれまで服に魅了され、幸せをもらってきた。だから顧客も含めて、「オールモストブラック」に携わる全ての人が幸せになれるように服を作り続けていきたい。

PRODUCT ALMOSTBLACK
川瀬正輝デザイナー

A.ファッションの魅力はコミュニケーションが生まれること。デザイナーは人と人がつながることでよりよい物作りが生まれる過程を体験できるし、自分自身も服を通じて社会とつながることができる。こんな状況だからこそ社会と積極的に関わり、貢献したい。少しでも人々を幸せにしたい。ファッションを通じて人々を前向きにし、今の状況を乗り越える手助けができると信じている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。