ファッション

涼しくても“きちんと”見えるセットアップこそ猛暑にオススメ!? 2020年春夏ウィメンズセレクト展示会こぼれネタ

 2020年春夏ウィメンズのセレクトショップ各社の展示会では、「透ける&肌見せ」や「夏の黒」をキーワードに、ノースリーブのワンピースやオーガンジーのシャツ、カットソー素材のブラックドレスなどの提案が新鮮に映った。が、この本命トレンドと同じくらい各社でよく目にしたのがセットアップの打ち出しだ。

 19-20年秋冬は“クラシック回帰”からジャケット&パンツのセットアップがトレンドだったが、今春夏はリラックスシルエットや薄手の光沢素材のトップス&ボトムスの提案に変化。シルク調のシャツ&ワイドパンツ、ノースリーブトップス&ロングスカートなど、一見カジュアルになりがちな春夏のコーディネートも、色柄やトーンをそろえることで、“涼しさ”はそのままに“きちんと”感を演出することができる。さらに派生として、素材を変えたワントーンのスタイリングも豊作。セットアップは難易度が高い、もしくはキメすぎていて恥ずかしい……なんて人には、後者が断然取り入れやすい。ここではセレクトショップ6業態のセットアップ&ワントーンのコーディネートの提案をこぼれネタ的に紹介する。

ユナイテッドアローズ3業態のセットアップの打ち出しは?

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)では、ネイビーをベースにしたシーズン立ち上がりのコーディネートの差し色に、チェック柄のシャツ&パンツを打ち出した。アロハなどに用いられる開襟エリのシャツも、柄のアレンジとセットアップで“キレイめ”に着ることができる。

 さらに同社では、他業態でもセットアップがそろった。ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)では、モノトーンの花柄をプリントしたリラックスシルエットのシャツ&パンツ、変化球として同素材のジャケット&シャツをラインアップ。「セットアップでも単体でも着られて、様になるアイテムをそろえた」と小沼悠子ファッションディレクター。

 グリーンレーベル リラクシング(GREEN LABEL RELAXING)では、微光沢のベージュのシャツ&パンツや、「青い迷宮都市」と呼ばれるモロッコ・フェズの街をイメージしたブルーのリネンシャツ&スカートなどを提案。今季のコンセプトのひとつ、素材のコントラストを楽しむワントーンのスタイリングの一環として、特にセットアップが豊作だった。

コンサバな提案もワントーンでフレッシュに!

 ドゥーズィエム クラス(DEUXEME CLASSE)では、「コンサバが“一周回っておしゃれ”なのでは?」という考えから、フィット感のあるジャケット&パンツを並べた。セットアップの定番アイテムは、色のまとまりにこだわったというニュアンスカラーでインナーまで同色にすることで、春らしく洗練された印象になっている。

トーンをそろえたトップス&ボトムスで セットアップ風もたくさん!

 セットアップの派生として、今季は上下同じトーンのコーディネートも多かった。イエナ(IENA)では、“記憶に残らない色”をテーマにしたペールトーンのアウターを、カラーや素材豊富に提案。透明感のあるキレイな色味を、同じトーンで素材の異なるトップス&パンツのコーディネートが引き立てていた。

 ロンハーマン(RON HERMAN)では、キーアイテムの白いパンツを軸にしたオールホワイトや、ノースリーブのカットソーとロングスカートを合わせたオレンジ色のコーディネートが並んだ。特にシンプルになりがちなワントーンのスタイリングは、凝ったディテールや鮮やかな色味のシューズやネックレスでコントラストを付けるのが必須だ。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら