ファッション

“100回洗えるニット”が「アフタヌーンティー・リビング」から発売

 サザビーリーグの「アフタヌーンティー・リビング(AFTERNOON TEA LIVING)」は、“100回洗えるニット”を発売した。

 自宅で洗濯可能なオリジナルのニットは、強撚糸を用いることで毛羽立ちにくく、色褪せにくい耐久性を実現。さらに表裏で異なる糸を使って編む“プレーティング”の手法を用い、裏側だけ強度のある糸を入れて編むことで、型崩れしにくいニットが完成した。

 ラインアップは、ワンピースやタートルネックのトップスなど全5型。カーディガンとⅤネックのプルオーバーは、8色のカラーバリエーションで取りそろえる。どれも春まで活躍するデザインと着回しのしやすさにこだわった。価格帯は3600~5300円。一部店舗を除く全国の「アフタヌーンティー・リビング」で販売中だ。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら