ファッション

サザビーリーグが「ロンハーマン」本国事業を継承した理由 日本上陸から丸10年

有料会員限定記事

 東京・千駄ヶ谷に、サザビーリーグが米国・カリフォルニア発のスペシャリティーストア、ロンハーマンの日本1号店をオープンして丸10年。“ライフスタイルを売る店”として多数のファンを掴み、日本のファッション業界に大きな影響を与え続けている。1976年創業の米国本店の空気を日本でも伝えてきた同業態だが、2019年2月7日付けで米本国事業をサザビーリーグが譲受。既に、米国事業はサザビーリーグ・ノースアメリカが管轄している。その背景には何があったのか、今後はどうなるのか。(この記事はWWDジャパンvol.2099からの抜粋です)

 日本上陸10周年を祝うために来日したロン・ハーマン氏に、「なぜサザビーリーグに事業譲渡したのか」と尋ねると、「コウキ(三根弘毅サザビーリーグリトルリーグカンパニープレジデント)は私たちにとって自然な後継者だから。この10年、コウキと彼のチームを家族のように感じてきた」と語った。「確かに商標と事業を売却したが、そういった意識ではなく、これは“家族の拡大”だ。ロンハーマンの原点とDNAを理解し、情熱を持って継承できるのはコウキ以外にいない。他の企業には不可能だ」と強調する。

この続きを読むには…
残り1932⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。