ファッション

サザビーリーグが「ロンハーマン」本国事業を継承した理由 日本上陸から丸10年

有料会員限定記事

 東京・千駄ヶ谷に、サザビーリーグが米国・カリフォルニア発のスペシャリティーストア、ロンハーマンの日本1号店をオープンして丸10年。“ライフスタイルを売る店”として多数のファンを掴み、日本のファッション業界に大きな影響を与え続けている。1976年創業の米国本店の空気を日本でも伝えてきた同業態だが、2019年2月7日付けで米本国事業をサザビーリーグが譲受。既に、米国事業はサザビーリーグ・ノースアメリカが管轄している。その背景には何があったのか、今後はどうなるのか。(この記事はWWDジャパンvol.2099からの抜粋です)

 日本上陸10周年を祝うために来日したロン・ハーマン氏に、「なぜサザビーリーグに事業譲渡したのか」と尋ねると、「コウキ(三根弘毅サザビーリーグリトルリーグカンパニープレジデント)は私たちにとって自然な後継者だから。この10年、コウキと彼のチームを家族のように感じてきた」と語った。「確かに商標と事業を売却したが、そういった意識ではなく、これは“家族の拡大”だ。ロンハーマンの原点とDNAを理解し、情熱を持って継承できるのはコウキ以外にいない。他の企業には不可能だ」と強調する。

この続きを読むには…
残り1932⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら