ファッション

セレクトショップの「キャンディ/フェイク トーキョー」が閉店 「99%IS-」など世界各国の若手デザイナーを中心にセレクト

 セレクトショップ「キャンディ/フェイク トーキョー(CANDY/FAKE TOKYO)」は、12月15日の営業をもって閉店したことを公式インスタグラムで発表した。なお、公式オンラインストア「フェイク トーキョー.com(FAKETOKYO.com)」は現在も営業している。

 フェイク トーキョーは、2011年に伊藤雄相がキャンディとウィメンズ事業の「シスター(sister)」を譲受する形で立ち上げたショップだ。昨年5月には、同社のショップを集積する東京・渋谷のビル「フェイク トーキョー」をリニューアルし、セレクトショップのキャンディー(CANDY)や、「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のアーカイブピースを集めたRS アーカイブス(RS ARCHIVES)などをオープンしていた。

 ブランドは、「バルムング(BALMUNG)」や「ボディソング(BODYSONG)」、韓国発「ナインティナインパーセントイズ(99%IS-)」、アメリカ発「サーロイン(SIRLOIN)」、オーストリア発「ウェンディ ジム(WENDY JIM)」など世界各国の若手デザイナーを中心にセレクトしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら