ニュース

花王が皮脂RNA技術の実用化へ始動 将来の肌ダメージも理解

 花王はこのほど、同社が開発した皮膚RNA(リボ核酸)モニタリング技術の実用化に向けた協働プロジェクト「Kao×PFN 皮脂RNAプロジェクト」を、ディープラーニング(深層学習)を手掛けるベンチャー企業プリファードネットワークスとスタートさせた。

 皮脂RNAモニタリング技術とは、日々変動する体内状態を反映するRNAを皮脂から採取し、分析する技術。通常は血液などからデータを得るが、あぶらとりフィルムで皮脂を取り、約1万3000種類のRNA発現量を得ることができるもの。今回、プリファードネットワークスが持つ機械学習やディープラーニングなどのAI技術を用いることで、「皮膚色や形状、皮脂組成、年齢、血液成分、角層機能、目視が皮脂を取るだけで分かるようになった」(長谷部佳宏・専務執行役員)ことから、高度な予測アルゴリズムの開発を進める。これにより、これまでの肌測定・解析技術では把握できなかった肌内部の状態を知ることや、将来の肌ダメージのリスク評価が可能となる。

 2020年春から東京・銀座の同社の直営店であるビューティベース花王で同プロジェクトを試行する。今後はここで得た遺伝情報をもとに、パーソナライズされた美容アドバイスやスキンケアを提供。現在の肌と将来の肌に向けた改善・予防ができることになる。「将来的には先日発表したファインファイバー技術(“第2の皮膚”形成技術)と組み合わせも考えている」と澤田道隆・社長は述べた。さらに、高齢化とともに増加しているパーキンソン病などの難治性疾患の早期診断技術の協働研究も予定するなど、医療分野での活用も視野に入れている。