フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.14 「マンガやアートと協業して東京らしいコンテンツになれば盛り上がる」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天にかわって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。最終回は「ユウミアリア(YUUMIARIA)」「アンデコレイテッド(UNDECORATED)」「アンバー(UMBER)」「カズキ ナガヤマ(KAZUKI NAGAYAMA)」「カイコー(KAIKO)」が登場。

YUUMIARIA
鈴木ゆうみデザイナー

 東コレには参加したいですが、参加費が改善すればより参加しやすくなります。いろいろな基準があるとは思いますが、小さいブランドでもチャンスがあれば参加したいのです。

UNDECORATED
河野貴之デザイナー

 商品のデリバリーのことを考えると、東コレ開催時期から納品までのスケジュールがやはりタイトです。またショー会場は日本を象徴する建築物など、海外からも注目を集めそうなロケーションでショーを行うブランドが増えれば、さらに魅力的なファッション・ウイークになると思います。

UMBER
藤岡裕睦デザイナー

 東コレの伝統と格式は守るべきです。その上で来場者やそれ以外の方にも響くリアリティーのあるプロモーションやイベントを、私たちブランドも含めて提案する流れができれば、今以上に参加したくなります。

KAZUKI NAGAYAMA
長山和樹デザイナー

 メディアなどでもよく見る学生や一般招待企画も素晴らしい取り組みだとは思いますが、デザイナーの立場からするとやはりバイヤーの誘致に力を入れていただきたいのが正直なところ。参加するからにはビジネスとして結果を残さないといけないので、そういった環境を整えてもらえるならぜひ参加したいです。

KAIKO
吉田拓ディレクター

 日本と世界では人口推移でギャップがあるため、日本のブランドやメーカーは今後輸出を強化する必要があります。日本のファッション業界全体の最重要課題は、海外へのアピールです。しかし最近はパリやミラノ、ニューヨーク以外にも世界各国で新しいファッション・ウイークが開かれており、その中では東コレにしかない特徴が見えづらくなっている。しかも、ファッション・ウイークが世界的にコモディティ化が進行しています。だから東コレはファッションだけではなく、テクノロジーやマンガ、アニメ、アートなどと協業して付加価値を加え、コレクションでもマーケットでも東京らしいガラパゴス化したコンテンツになれば、さらに盛り上がるのではないでしょうか。