フォーカス

ファッションの安直な模倣に物申す

有料会員限定記事

 ファッションは、オマージュやサンプリングの繰り返しで歴史を築いてきた。今、モードのトップを走るデザイナーたちも、メゾンを象徴するモチーフやシルエットに敬意を払い、サンプリングすることで新たなクリエイションを生み出している。一方で、最近は歴史への敬意やデザインの背景すら感じられない、安直な模倣品も世界中で氾濫している。サンプリングと模倣品には明確な基準がないため、われわれメディアも含めて模倣に対する感覚が麻痺し、もはや見て見ぬ振りという意識さえないほどに、日常になってしまっていた。しかし、そんな状況が変わりつつある。(この記事はWWDジャパン2019年7月15日号からの抜粋です)

 日本のデザイナーズブランド「ザ・リラクス」がザラ・ジャパンを相手取り、「ザラ」が「ザ・リラクス」のコートの形態を模倣して販売したことが不正競争防止法上の不正競争行為に当たるとして約7000万円の損害賠償請求を申し立てた訴訟は2018年8月、東京地方裁判所がザラ・ジャパンに1041万7282円の支払いを命じた。提訴から実に約2年の末に出た判決だった。このニュースを弊社で11月に報じたところ大きな反響があった。

この続きを読むには…
残り1575⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む