ファッション

ラグビー日本代表ユニホームが1000枚限定発売 フォワードとバックスの2種類

 カンタベリーオブニュージーランドジャパンは、ラグビー日本代表の「ラグビーワールドカップ2019(以下、RWC 2019)」決勝トーナメント進出を記念して、公式試合用ジャージー(ユニホーム)“RWC 2019 JAPANオーセンティックジャージー”を10月21日(14時)から11月2日(23時59分)まで公式サイトで予約発売する。フォワード(FW)とバックス(BK)の2種類を合計1000枚限定でそろえ、価格はそれぞれ5万円となる。

 加えて、購入者にはプレミアムボックスに入った公益財団法人日本ラグビーフットボール協会の公式証明書、「RWC 2019」のラグビー日本代表の対戦成績表、ラグビー日本代表メンバー31人およびヘッドコーチのネーム入り特別プレートを付属する。

 同ジャージーは前回の「RWC 2015」以降、約3年の歳月をかけて開発した。コンセプトに“兜:KABUTO”を掲げ、“日本ラグビー、日本人のもつスピリット“武士道の精神”で世界と戦う”という意味合いを込めて製作した。なお、同社はラグビーの人気上昇を見込み、同ジャージーを20万着生産していた。これは通常の15倍に相当するが、13日のスコットランド代表戦(1次リーグ最終戦)を前に店頭の90〜95%が売り切れたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら