ファッション

アディダスが「ラグビーワールドカップ2019」に向けたアートプロジェクト始動 とんねるずの木梨憲武や名和晃平らが参加

 「アディダス(ADIDAS)」とニュージーランドラグビー協会はこのほど、9月20日から
日本で開幕する「ラグビーワールドカップ2019」に向けたアートプロジェクト「クリエイターズユナイト(#CREATORSUNITE)」を始動させる。国内のクリエイターらがラグビー・ニュージーランド代表の“オールブラックス”をテーマにビジュアル作品を製作した。

 “予想外が世界をうめつくす”と題した同プロジェクトには、お笑いコンビとんねるずのメンバーで画家としても活動する木梨憲武をはじめ、紫舟、名和晃平、書道家万美、柿沼康二、上岡拓也、河村康輔といったさまざまな分野のクリエイターが参加した。

 作品は9月14日から公式オンラインサイトで公開されるほか、15日からはアディダスブランドコアストア渋谷で開催される「クリエイターズユナイトアートエキシビション」で展示する。さらに16日以降は、プロジェクトタイトルにちなんで東京各所に各アート作品をゲリラ的に展示する予定だ。

◼︎クリエイターズユナイトアートエキシビション
日程:9月15〜27日
時間:平日11:00〜20:00 / 土日祝10:00〜22:00
場所:アディダスブランドコアストア渋谷4階
住所:東京都渋谷区宇田川町23-5
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら