ファッション

「カンタベリー」と「SSZ」がコラボ 日常で着るラグビージャージーなど3型

ゴールドウインが運営するラグビーウエアブランド「カンタベリー(CANTERBURY)」は、ビームス(BEAMS)の加藤忠幸バイヤーが手掛けるストリートウエアブランド「SSZ」とコラボレーションしたコレクションを9月30日に発売する。「カンタベリー」の青山店と丸の内店、吉祥寺店、大阪店、神戸店、「ビームス」の原宿店と名古屋店、神戸店、広島店、福岡店、「ビームス ストリート」の横浜店と梅田店、「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」の全13店舗で取り扱う。両ブランドの公式オンラインストアでは販売しない。

今回のコラボは、ラグビー日本代表のオフィシャルパートナーを務める「カンタベリー」の「より多くの方がラグビージャージーを手に取り、ライフスタイルウエアとしてファッションに取り入れてもらいたい」という思いから、元ラグビー部出身の加藤バイヤーが手掛ける「SSZ」との協業が実現した。

テーマは“スクラム”で、ラグビージャージー(2万4200円)とカーディガン(2万6400円)、パンツ(2万6400円)の3型を用意。生地は、丈夫で軽く、吸汗速乾を追求した「カンタベリー」のオリジナル素材「ラガー ループ® 52/48(RUGGER LOOP® 52/48)」から、最も太番手の糸を紡績したヘビーウェイトのものを使用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

コロナ明けで新展開、スキー&スノーボード市場 雪山愛好者、藤原ヒロシインタビューも

12月4日発売の「WWDJAPAN」は、スノースポーツ市場特集です。暖冬予報は出ていますが、各地のスキー場から続々とオープンのニュースが届く季節になりました。コロナが落ち着き、雪を求めて日本にやってくる海外観光客が今冬は激増しそうです。また、コロナ禍以降のアウトドア意識の高まりで、スキーやスノーボードを再開したり、新しく始めたりする国内客も増加。自然をより濃密に体験する手段として、バックカントリー…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。