ニュース

「無印良品」3〜8月期は出店コスト増で減益 衣料品は絶好調

 「無印良品」を展開する良品計画の2019年3〜8月期は、営業利益が前年同期比12.6%減の205億円だった。国内での出店経費や人件費、欧州での物流費や販促費の拡大を増収で吸収できなかった。純利益は同26.7%減の132億円になった。

 売上高にあたる営業収益は同7.5%増の2164億円。国内事業は4月に開店した銀座旗艦店などを含めて純増16の472店舗に増やしつつ、既存店売上高も同3.4%増と好調だった。とりわけ衣料・雑貨の売上高は同24%増だった。天候には恵まれなかったが、太番手Tシャツ、ムラ糸Tシャツなどの夏物衣料がよく売れた。継続して行なっている値下げ策も集客に寄与した。

 通期(20年2月期)は営業収益が前期比11.5%増の4554億円、営業利益が同1.2%増の452億円、純利益が同12.9%減の294億円を予想する。