ニュース

ベイクルーズのメンズジュエリー専門店「ワールドリーワイズ」がエディフィス新宿内に移転

 ベイクルーズグループが運営するメンズジュエリーのセレクトショップ「ワールドリーワイズ(WORLDLY-WISE)」は10月4日、東京・青山の骨董通りからエディフィス新宿2階に移転オープンする。同店は大人の男性をターゲットにしたベイクルーズ初のメンズジュエリーを扱う専門店として、2018年8月にオープン。“日常使いの特別感”をキーワードに、「ボルテッドスタジオ(BOLTED STUDIOS)」や「ダイキ サノ(DAIKI SANO)」「ハム(HUM)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」などのほか、ビンテージコレクションを取り扱っている。

 移転先のエディフィス新宿では、2階の3分の1ほどのスペースにインショップとしてオープンする。エディフィス店内に移転することについて担当者は、「エディフィスの地方店で開催したポップアップショップでは、1日に300万円ほどを売り上げ、エディフィスの顧客との相性の良さを感じた」という。

 「ティファニー(TIFFANY)」のアンティークカトラリーを用いた「ブラインド マン トッグス(BLIMD MAN TOGS)」の別注アイテムや、サッカーのコメンテーターとしても有名なトニー・クロスビー(Tony Crosbie)が手掛ける「コックスコーム(COXCOMB)」の別注アイテム、「ボブ ドット(BOB DOTT)」の1930~50年代のビンテージアイテムなどを新たに用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら