ニュース

JR東日本の東京ベイエリア開発、アトレ竹芝の目玉は「クラブ」&体験型エンタメ施設

 JR東日本は9日、東京・竹芝の湾岸エリアで開発を進めている「ウォーターズ竹芝(WATERS TAKESHIBA)」の概要を発表した。2万3000平方メートルの敷地に高級ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション(MESM TOKYO, AUTOGRAPH COLLECTION)」と劇団四季のフラッグシップ劇場、アトレ竹芝、オフィスという東京では珍しいタイプの複合ビルになる。延床面積は10万2600平方メートルで、グランド―オープンは2020年7月。これまで駅ビルが中心だったアトレは、レストランやナイトクラブラウンジなどの体験型のテナント開発に本格的に取り組む。

 アトレ竹芝は20年4月13日に第1期、第2期が7月14日に開業する。商業部分は7500平方メートルで、劇団四季の劇場が入るシアター棟の低層部分にナイトクラブラウンジや日本初のソーシャルエンタテインメント施設、大人と子どもが楽しめるアミューズメントスペースを、ホテルとオフィスの入る高層ビルのタワー棟にレストランや高級ネイルサロンなどのテナントを誘致する。小林延江アトレ竹芝開発準備室長は「詳細は年明けになるものの、これまでのアトレにはない新しいタイプの体験型施設になる。従来の駅ビルとは異なったコンセプトや手法にはなるが、湾岸エリアならではの商業開発に取り組む」と語る。

 劇団四季[春][秋]の建て替えとなる「JR東日本四季劇場[春][秋]」は、[秋]が20年7月14日にオープン(オープニング作品は未定)、[春]は9月10日に開幕予定でオープニング作品は大ヒット映画「アナと雪の女王」のミュージカル作品になる。チケット発売は6月14日から。