ファッション

「マックスマーラ」が韓国初の旗艦店をオープン オープニングパーティーには女優のチェ・ジウら

 「マックスマーラ(MAX MARA)」は9月3日、韓国初となる旗艦店をソウルのアックジョン434番地にオープンした。店舗面積は300平方メートル。「マックスマーラ(MAX MARA)」に加え、カジュアルラインの「スポーツマックス(SPORTMAX)」を展開する。カンナム区にあるアックジョンはソウル市内でもラグジュアリーブランドの集まる地区として知られている。

 建築デザインはミラノ、ロンドン、ニューヨークなどの旗艦店も手掛けたドゥッチョ・グラッシ・アーキテクト。外装は全面ガラス張りのファサードで滑らかなデザインに仕上げた。店内は手作業で加工された真ちゅうの壁が囲い、ラックやディスプレーには天然石、柏の木、光沢のある鉄などを採用した。入り口や所々の壁にはミラノでよく見られる斑点模様が特徴の自然石チェッポストーンを使用した。

 また、オープンを記念してソウル限定のカプセルコレクションを発表。シグネチャーコートをデザインしたアンヌ・マリー・ベレッタ(Anne-Marie Beretta)、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)のスケッチ、ブルネッタ・マティルド(Brunetta Mateldi)のイラストが施されたパッチワークなど、過去のコレクションアーカイブの要素をちりばめたアイテムで構成し、フード付きシルクコート、グラフィックを施したトレーナー、ベルトバッグを用意した。これらのアイテムは9月3日からソウル旗艦店と韓国版公式オンラインショップで販売している。

 同日行われたオープン記念パーティーでは、2020年プレ・スプリング・コレクションでランウェイを歩いたモデルのキャロリン・マーフィー(Carolyn Murphy)がインターナショナルスペシャルゲストとして登場したほか、女優のチェ・ジウ(Jiwoo Choi)、クラウディア・キム(Claudia Kim)、キ・ウンセ(Eunse Ki)ら韓国のセレブリティーやインフルエンサーなど300人以上のゲストが会場を訪れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら