ニュース

「ハフ」がウィメンズのシーズンコレクションを発表 世界探索とディストピアからインスパイア

 米サンフランシスコ発のスケートブランド「ハフ(HUF)」は、2019年秋ウィメンズコレクションを8月30日に発売する。メンズラインのストリートカルチャーやスケートの要素をコンテンポラリーな女性向けのシルエットに進化させた。「ハフ」はこれまで、ウィメンズのカプセルコレクションを2回発表してきたが、本格的なシーズンコレクションは初めて。

 アイテムは世界探索とディストピアからインスパイアされたジャンプスーツやコーチジャケット、アニマル柄のカーディガンがメインコレクション。加えて、タータンチェックのモヘアニットやビッグシャツ、ナイロン素材のスカート、シーズングラフィックを落とし込んだフーディー、ドラムバッグなどのアクセサリーをそろえる。日本では「ハフ」直営店、公式オンラインストア、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で販売する。

 「ハフ」は2002年米・サンフランシスコで創業したスケート&ライフスタイルブランド。17年12月にはTSIホールディングスの傘下に入り、18年8月にボルコム ジャパン(VOLCOM JAPAN)元代表取締役のエディ・光広・三好(Eddie Mitsuhiro Miyoshi)が最高経営責任者(CEO)に就いた。