ビジネス

メルカリ、流通額が5300億円を突破するも赤字額拡大 19年6月期

 メルカリ(MERCARI)は、2019年6月期の流通額(GMV)が前期比43.2%増の5307億円、売上高は同44.5%増の516億円となった。約4割を占めるファッション分野に加え、ホビーや家電分野が伸びた。ただ、フリマアプリ「メルカリ」米国版、スマホ決済「メルペイ(MERPAY)」への先行投資がかさみ、本業のもうけを示す営業損益は121億円の赤字(前期は44億円の赤字)、純損益は137億円の赤字(同70億円の赤字)と赤字額がさらに拡大した。

 「メルカリ」の日本事業は、流通額が同38.4%増の4902億円、営業利益は同28.0%増の94億円と大幅な増収増益で、月間のアクティブユーザー(MAU)も同26.2%増の1357万人と引き続き快進撃を続けている。米国事業は同7割増の3億6000万ドル(約381億円)と拡大しており、積極的なプロモーションで月間アクティブユーザー(MAU)は200万人を超え、19年4〜6月の流通額は1億ドル(106億円)を突破した。

 20年6月期は日本と米国の「メルカリ」、スマホ決済の「メルペイ」を3本柱に据え、積極的な投資と事業の拡大を計画。米国では月間流通額で1億ドル(約106億円)を目指す。ただ、米国にはラグジュアリーブランドの会員制リセールサイトで、7月にナスダックに上場し、時価総額25億ドル(約2650億円)に達したザ・リアル・リアル(The REAL REAL)」、ファッションに特化したフリマアプリですでに1億5300万ドル(約162億円)の資金調達に成功している「ポッシュマーク(POSHMARK)」などがひしめいている。なお20年6月期の売上高や営業利益などの見通しは公表していない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。