フォーカス

8セレクトショップが提案する2019-20年秋冬リアルトレンド “きっちり感”が鍵

 各セレクトショップが打ち出す2019-20年秋冬は、スポーツやストリートのムードが落ち着き、ぐっとクラシックでフェミニンなムードにシフトしている。ジャケットやセットアップ、ボウタイブラウスが充実しており、着崩すよりもキチンと着こなすレイヤードスタイルの提案が目立つ。色柄ではベージュからブラウンが基調、バリエーション豊かなチェックやヒョウ柄などの動物柄がよく見られた。8つのセレクトショップから、19-20年秋冬のトレンドを総括する。

トゥモローランド
透ける&揺れるアイテムで楽しむ

 強化アイテムは、コート、スカート、ワンピースで、“ドラマチックな日常”のためのアイテムをそろえる。コートは肩が落ちたゆったりとしたシルエットで、Aラインやドレープが生きるたっぷりとしたものをラインアップ。スカートはミディ丈を幅広くそろえ、ワンピースはデイリーからオケージョン対応までをそろえる。スタイリングは少々詰まった首元がポイントで、ハイネックのカットソーやニットにワンピースやブラウスを合わせたスタイルを提案する。

ロンハーマン
ニットは1.5倍に拡充

 セットアップやアウター、ハンドニット、別注品までニットのバリエーションを幅広くそろえる。アウターは、ポンチョやPコート、毛皮や人工ファーのブルゾンなどショート丈のアウターから、大人のためのダッフルコートまでを用意。ボトムスはプリーツスカートとオーバーオールをそろえる。コーディネートは、リブニット × スエット、セットアップ × ケープなどのレイヤードスタイルを提案。柄はチェックのバリエーション、ヒョウ柄や小花、タイダイを打ち出す。

イエナ
フレンチスタイルでアプローチ

 今季、クラシック傾向が強まったことを受けて「イエナ」が得意とするフレンチスタイルを見直す。秋冬でもキチンと着られるシャツや、ウールやレザーなどのセットアップをそろえ、ボウタイブラウスやベルトをキーアイテムに“着崩すのではなくキッチリ固める”スタイリングを提案する。キーカラーはベージュからブラウンをベースに差し色としてイエローを選択。素材は、レザー × ウール × レースといった異素材ミックスを、柄はチェックとペイズリーとの柄ON柄をそろえる。

インターナショナルギャラリー 
ビームス
ボリュームのある重ね着を提案

 チロリアンコートやチャイナコートなど伝統的な要素を控えめかつ現代的に表現したウエアがそろう。スタイリングは同業態としては久しぶりに重ね着を提案する。特にたっぷりとしたスカートなどボトムスのボリューム感がポイントだ。キーカラーは、くすみイエロー、ブルー、ブラウン。

エストネーション
“ニューアウター”を打ち出す

 “ノマディック”をテーマに、70年代や80年代のムーブメントや多様性を表現する。コートに移るまでのアウターを充実させ、とくにジャケットはシルエットや素材のバリエーションを広げ“ニューアウター”としてコートの前の羽織り物として打ち出す。また、ボウタイやスカーフなど首回りの装飾を提案し、温度調節ができるようなニットのレイヤードスタイルを紹介する。カラーパレットは、ベージュからブラウンを主軸に、イエローやテラコッタ、ロイヤルブルー、ピスタチオグリーンなど。柄はチェックやアニマルに加えてペイズリーを用意する。

ドゥーズィエム クラス
セレブの機内スタイルを表現

 3つのテーマで提案。1つ目のテーマは“ラグジュアリートリップ”で、セレブリティーの機内のリラックススタイルを表現する。ブルゾンやフード付きのムートンコートなど、カジュアルに着られるファーアイテムを強化する。2つ目のテーマは“Every day I like”。トラッドをベースにストリートウエアの要素を取り入れ、スポーティーにキレイに着こなせるコーディネートを提案する。3つ目は“ドゥーズィエム クラスのベーシック”。ダブルフェースのコートやニットなどベーシックなアイテムが並ぶが、素材の光沢感を生かして女性らしいつやっぽいアイテムに仕上げた。いずれもカラーパレットはベージュからブラウンが基調。

バーニーズ ニューヨーク
女性のための“勝負服”を用意

 女性が自分のパワーを表現するための“勝負服”を提案する。なかでもセットアップを強化。テーラードジャケットとトラウザー、ジャケットとドレス、シャツとパンツ、ニットなど幅広いセットアップをそろえる。アウターはブルゾンよりもコートをラインアップ。ファーアイテムを減らし、着丈が短めで早い段階から着られるコートを充実させる。

フリークス ストア
汎用性の高いアイテムを強化

 “ユニバーサリズム(UNIVERSALISM)”をテーマに、時代や地域、新しさと古さ、色や柄などをミックスしたスタイルを提案する。ウィメンズではオン・オフ両用の汎用性の高いワンピースや着回しが利くアイテムのバリエーションを強化。また、別注品の指示も高く、今季「ペンドルトン」とはウエアだけではなくソファや椅子まで幅広く取り組む。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る