ファッション

前「ソニア リキエル」ジュリー・ドゥ・リブランが自身のブランド立ち上げへ

 前「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」クリエイティブ・ディレクター、ジュリー・ドゥ・リブラン(Julie de Libran)が新ブランド「ドレス・バイ・ジュリー・ドゥ・リブラン(DRESS BY JULIE DE LIBRAN)」を立ち上げ、デビューコレクションをパリの自宅で発表した。

 ドゥ・リブランはマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)の下で「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」ウィメンズ部門のスタジオ・ディレクターとしてのキャリアを積み、2014年から「ソニア リキエル」のクリエイティブ・ディレクターを務めたが、19年3月に契約期間を約1年半残し、突如ブランドを去ることとなった。

 14歳の時に学校のダンスパーティーに着ていくドレスを初めてデザインしたドゥ・リブランは、ドレスに個人的な思い入れがある。自身のブランドでもドレスに力を入れており、今回のデビューコレクションでは21着のドレスを発表した。エレガントなパフスリーブのロングブラックドレスやスリットの入ったシックなクレープデシンのガウン、スパンコールを散りばめたパーティーガール風のミニドレスなど、夜にドレスアップする女性たちのリアルクローズを提案している。

 過剰な在庫を抱えないために、自身のウェブサイトと「マッチズ・ファッション・ドットコム(MATCHESFASHION.COM)」で受注販売し、ドレスの一部はデッドストックから製作するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら