ファッション

渋谷を代表するクラブ「トランプルーム」が閉店

 東京を代表するクラブとして知られる渋谷・神南のトランプルーム(TRUMP ROOM)が7月10日に閉店する。

 トランプルームは2007年に開業。3フロア構成の店内は、クラブながらシャンデリアやソファが設置されるなど中世ヨーロッパを想起させる豪華な内装で、映画「ヘルタースケルター」のほか、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、スクリレックス(Skrillex)、ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)ら多くのアーティストのミュージックビデオの撮影が行われた。また、多くのアパレルショップが店を構える神南という場所もあってファッション関係のイベントも多数催され、キム・ジョーンズ(Kim Jones)やリアーナ(Rihanna)、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)ら国外セレブも訪れていた。

 なお、閉店日の20時からはクロージングパーティーを開催し、ウェブメディア「トウキョウダンディ(TOKYO DANDY)」、PELI「パメオ ポーズ(PAMEO POSE)」デザイナー、奈良裕也「シマ(SHIMA)」アートディレクター、グラフィックアーティストのYOSHIROTTEN、モデルのエリーローズ、マドモアゼル・ユリア「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」デザイナーらトランプルームと親交のあった面々が出演する。

■TRUMP ROOM
住所:東京都渋谷区神南1-12-14

■TRUMP ROOM CLOSING PARTY
日程:7月10日
時間:20時〜28時(予定)
住所:東京都渋谷区神南1-12-14

【追記 2019年7月11日】
トランプルームは当初の「10日で閉店」から「13日で一旦休業」に変更したことを発表した。なお13日までラストパーティーと称し、連日パーティーを開催している。

ブラック・アイド・ピーズの「Just Can't Get Enough」の一部がトランプルームで撮影された

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら