ファッション

総合格闘家の宇野薫がオリジナルブランドのアニバーサリーイベント開催

 総合格闘家の宇野薫が手掛けるオリジナルブランド「ワンハンドレッド アスレチック(ONEHUNDRED ATHLETIC 以下、100A)」を運営する宇野薫商店は、会社設立20周年を記念して、東京・中目黒のセレクトショップ、ブリック&モルタル(BRICK & MORTAR)中目黒店で6月25~30日にアニバーサリーイベントを開催する。同イベントでは、「100A」ディレクターの宇野薫と交流のあるアーティストの村上周、高木耕一郎、神山隆二、JUN(80KIDZ)、SUNSHINE JUICE / Lefts, が協力して、柔術着をベースにしたアートワークを展示して販売するほか、「ニューエラ(NEW ERA)」など「100A」とゆかりのあるブランドとコラボレートしたスペシャルアイテムを販売する。

 宇野薫は1975年、神奈川県生まれ。UFC、プロ修斗、HERO‘S、DREAM、VTJ など数々のリングやケージで戦い、デビューして23年目の現在は柔術大会、グラップマッチにも挑戦している。

 「『100A』は本格的なトレーニングウエアであると同時に、デイリーウエアとして着やすいスポーツアパレルだ。『100A』を着ることでモチベーションを刺激するような、生活のさまざまなシーンで100%のパフォーマンスを発揮できるブランドを目指したい」と話した。

■ワンハンドレッド アスレチック ジュウジュツギ アートエキシビション & 100A ポップアップストア
日程:6月25~30日
場所:ブリック&モルタル中目黒店
住所:東京都目黒区中目黒1-4-4

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら