ファッション

数ドルのライターから大理石のダンベルまで 「サンローラン」新業態のアイテム公開

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」は6月9日、米国ロサンゼルス・ロデオドライブのブティックをリニューアルオープンした。同日パリのサントノーレ通り213番地にオープンしたブティック「サンローラン リヴ ドロワ(SAINT LAUREN RIVE DROITE)」と同じ新業態で、メンズ、ウィメンズのコレクションアイテムに加え、限定コラボレーションなどの幅広いアイテムを取りそろえる。

 店内にはビンテージの大きなテーブルとソファが置かれ、壁には大量のスピーカーが埋め込まれている。大きな窓からはパームツリーを望み、知人の家に遊びに来たようなアットホームな雰囲気だ。

 オープン時には、「バカラ(BACCARAT)」のグラスや「ライカ(LEICA)」のカメラ、「バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN)」のスピーカーとのコラボが登場。限定コラボレーションは週替わりで新しいアイテムを投入する予定で、来るたびに新しいアイテムが見つかるという。

 アイテムの幅は広く、アクセサリーやトートバッグといったファッショングッズに加え、スケートボード90ドル(約9700円)、レオパード柄のヨガマット395ドル(約4万4800円)や大理石のダンベル/2点セット1995ドル(約21万5400円)といったジム用品、「モレスキン(MOLESKIN)」のノート(約7000円)やUSB55ドル(約5900円)などの事務用品、ミニスピーカー55ドル(約5900円)やミニラジオ90ドル(約9700円)といった音楽グッズ、クリスタル装飾のドミノゲーム1565ドル(約1万1600円)やクリスタル装飾のサイコロ/2点セット395ドル(約4万2600円)などのゲーム、さらにはメタルのストロー235ドル(約2万5300円)やワインオープナー35ドル(約3700円)など。数ドルのライターや栓抜きなどはお土産のまとめ買いによさそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら