ファッション

「ユニクロ」とピーター・サヴィルがコラボ

 「ユニクロ(UNIQLO)」は6月24日、日常生活にユニークな貢献をしてきた、グラフィックデザインの巨匠ピーター・サヴィル(Peter Saville)とのコラボコレクションを発売する。超速乾素材の“ドライEX”Tシャツや“エアリズム”レギンスなど全8型をそろえ、「ユニクロ」店舗、オンラインストアで順次販売する。価格は1500〜2990円。

 本コレクションでは、サヴィルと開発したデータライフという新しい試みから誕生したデザインを採用する。サヴィルが幾何学模様とは異なるクリエイティブの源泉として収集している日常の動作データをビジュアル化し、そのイメージをタウンユースからスポーツまで使用できる高機能ウエアに取り入れた。

 サヴィルは、伝統的なレコードレーベルであるファクトリー・レコード(Factory Records)の創業者兼アートディレクターとして、先駆的なアートワークはポップミュージックを通して大衆に届け視覚文化がたどった道に影響を与えた。サヴィルが活動初期に手がけたジョイ・ディヴィジョン(JOY DIVISION)のアルバムジャケットは、「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のウエアのグラフィックなどにも使用されている。また、リカルド・ティッシによる「バーバリー」の新ロゴもデザインも手がけている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら