ニュース

「UT」がTシャツコンペでグランプリ作品の販売中止 規定違反の発覚を受けて

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、5月20日に発表した“ポケモン”がテーマのTシャツコンペ「UTグランプリ2019(UT GRAND PRIX 2019)」で、グランプリ受賞作品および入賞作品の1つに応募規定違反が認められたため、該当する2作品の受賞を無効とすると23日に発表した。これによりグランプリはなしとし、副賞の授与取り消し、および予定していた2作品の販売を中止した。

 同ブランドの担当者によると、該当作品は応募規定の“未発表作品であること”という点に違反していたという。20日に受賞作品を発表したのち、中国市場で同様のデザインを使用した商品が発表されていることが発覚した。同ブランドと該当作品の応募者はすでに和解している。

 同社は、「グランプリ受賞者や入賞者を応援されていた皆さまや販売を心待ちにされていたお客さま、関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。今後、同様の事象が発生しないよう、確認の徹底に努めてまいります」とコメントを発表している。

 「UTグランプリ」は2005年から実施しているTシャツのデザインコンペティション。年齢、性別、国籍、プロ、アマチュアを問わずさまざまな人が応募できる。