ファッション

米ハイジュエリー「ホーセンブース」が日本製の高級眼鏡を発売

 米ロサンゼルスのハイジュエリーブランド「ホーセンブース(HOORSENBUHS)」は、初の眼鏡コレクションを発売した。日本製のハンドメードで、製作に2年以上をかけ、ジュエリー同様にデザインと仕様にこだわったラグジュアリーな眼鏡だ。ファーストコレクションはユニセックスのサングラスのみの3型、4色で、価格は各13万円。

 「ホーセンブース」は、プロスケートボーダーとして活動後、フォトグラファーに転向したロバート・G・キース(Robert.G.Keith)が2005年に立ち上げたジュエリーブランド。ブランド名は、キースの祖先が16世紀にアフリカから世界中に宝石や貴金属を運んでいたころのオランダ帆船にちなんで付けられた。ブランドのアイコンであるいかりのマーク、トライ・リンクがサングラスのデザインにも使われている。昨年11月、サンタモニカにアトリエ、オフィス、イベントスペースを併設した広大なスペースの旗艦店をオープンした。

 眼鏡コレクションは、ロサンゼルスの「ホーセンブース」ストアやニューヨークのセレクトショップHIRSHLEIFERSで、日本ではロンハーマンの千駄ヶ谷店、有楽町店、名古屋店、大阪店と、阪急うめだ本店の「ホーセンブース」ショップで販売する。

 日本ではサザビーリーグが「ホーセンブース」と日本総代理店契約を締結している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら