ニュース

「エスティ ローダー」から桜アイテムが登場 桜由来の化粧水や限定キャップも

 「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」は日本の桜に着想を得た化粧水「マイクロ エッセンス ローション フレッシュ」(1万2500円)を3月1日に発売した。ロングセラー化粧水「マイクロ エッセンス ローション」に桜の花びらから抽出したサトザクラ花エキスと、金沢兼六園に咲く八重桜の酵母により発酵させた酒粕から抽出する酒粕エキスを配合し、毛穴の目立たない明るい肌へと導く。この製品にちなみ、ブランドは桜をテーマにしたキャンペーンを実施している。

 東京・日本橋で3月3日まで開催された「FLOWERS BY NAKED 2019」ではコラボ空間が出現し、桜が咲く空間をデジタルで表現。一夜限定のパーティーにはモデルのマギーやマリエ、taiki、NOAHら著名人のほか、アジアのインフルエンサーも駆けつけた。

 日本橋の周辺店舗では1月から関連キャンペーンとして、「ピュア カラー エンヴィ リップスティック」「ピュア カラー エンヴィ ハイラスター リップスティック」の購入者を対象に、桜の模様が施された限定リップスティックキャップをプレゼントしており、SNSを中心に話題となった。この反響に応え、8日からは全国の店舗で同様のキャンペーンを数量限定で実施している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら