ファッション

花王が“嗅ぐ”アート展を表参道ヒルズで開催 NAKEDやMOTTYらが参画

 花王の衣料用柔軟仕上げ剤ブランド「フレア フレグランス(FLAIR FRAGRANCE)」は3月17日まで、同製品の5つの香りをアートで表現した「MUSEUM OF FRAGRANCE」を表参道ヒルズのスペースオーで開催中だ。入場は無料だ。

 「フレア フレグランス」シリーズは、ピーチやアップルにジャスミンやミューゲの小花を添えたエレガントな「ジェントルブーケ」、グリーンアップルや洋ナシ、シトラスにスズランなどを合わせたジューシーな「フラワーハーモニー」、フローラルノートを基調に、ピーチやラズベリーのフレッシュな甘さとバニラを合わせた「フローラルスウィート」、ラズベリーやストロベリーの甘酸っぱさにビターなカカオを添えた「ドレッシーベリー」、ピオニーやラズベリーの香りを、ぬくもりのあるウッディとバニラがやさしく包み込む「ヴェルベットフラワー」の5つの香りを展開している。

 今回のイベントではそれら5つの香りを、注目のアーティストのNAKED、とんだ林蘭、YAR、河野未彩、MOTTYが視覚化し、アートを通して表現。「ヴェルベットフラワー」は映画や広告、テレビ、インスタレーションなどさまざまなクリエイティブ活動を続け、プロジェクションマッピングで知られる NAKEDが、「ドレッシーベリー」は人気音楽アーティストやファッションブランドへの作品提供も行うとんだ林蘭が手掛けている。また、「フローラルスウィート」はアートディレクションやグラフィックデザイン、空間演出などに加え、ヨーロッパなどで個展を開催するYARが、「フラワーハーモニー」は写真や映像、プロダクトなど多彩に活動するグラフィックデザイナーの河野未彩が、「ジェントルブーケ」は中毒性のある色使いやエッジーでシュールな表現を得意とし、広告や映像監修、海外ファッション誌へ作品を提供するMOTTYがクリエートした。

 それぞれブースを設け、石原さとみ出演の新CMの世界をリアルに体験できるプロジェクションマッピングを使ったインタラクティブなスペースなど、フォトジェニックな体験を味わえる。各ブースには、持ち帰り可能な香り付きしおりを用意し、体験した人には気に入った「フレア フレグランス」現品を1本持ち帰れる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら