ニュース

伝統 × 伝統で新たなベーシックを生み出す 新ブランド「ビナイン」誕生

 「シカタ(CICATA)」出身の境文雄が手掛けるメンズブランド「ビナイン(BENINE)」が2019-20年秋冬シーズンにデビューする。美という言葉とその画数である9を組み合わせて命名された同ブランドのコンセプトは“カルチャーとサブカルチャーが融合したベーシックで美しい服”。コートやブルゾン、ジャケット、トップス、ボトムスなどのウエア約20型の他、アクセサリーやネクタイ、アイウエアなど幅広いアイテムをラインアップする。価格帯はアウターが5万8000~12万5000円、トップスが2万~3万9000円、パンツが2万5000~3万8000円、アクセサリーが1万3000~10万円、ネクタイは8000円、アイウエアが2万6000円。

 ウエアはポロシャツとオックスフォードシャツを組み合わせたシャツや、スタジャンとライダースジャケットを組み合わせたブルゾンなど、2つのアイテムをドッキングさせたアイテムがそろう。オリジナルの生地やディテールのデザインにより、2つのアイテムがうまくなじむように作られている。「『シカタ』では、トラッドやアイビーなどのアイテムについて学んできた。『ビナイン』では2つの異なるトラディショナルなアイテムのディテールやテイストを融合させつつ、視覚的に違和感を覚えないようにデザインし、どこか新しさを感じるベーシックウエアに仕上げた」と境デザイナーは語る。

 日本では地方の有力セレクトショップや都心の百貨店への卸を中心に行い、海外進出も視野に入れる。「日本でのお披露目に先駆け、パリの合同展にも出展した。合同展なのか単独展なのか、エージェンシーを付けるのかなどは現在検討中だが、日本と海外を区別するつもりはない。今は中国のマーケットも気になっている」と意欲的だ。