ファッション

春は運動不足解消のチャンス 19年春、フィットネスのススメ

 「WWDジャパン」2月25日号では“行動せよ 乙女!”とうたって、付録の「ラン&フィットネス特集」を制作しました。紙面では、フィットネスを実践する女性たちの生の声を中心にフィットネス入門者に役立つ情報を掲載しています。とはいえ、限られた紙幅では紹介できなかった内容もあります。ここでは、これからフィットネスを初めてみたいという読者に向けて、フィットネスアイテムや新スポーツ施設、さらにはフィットネスライフをさらに充実させられるプラスアルファを一挙に紹介します。友人と一緒に始めるもよし、マラソン大会出場など目標に向かって始めるもよし。春の訪れを感じる日も増えてきた今、フィットネスライフをスタートさせませんか?

デザイナーズコラボなどアイテムは年々オシャレに

 「フィットネスウエアってダサい」という印象を持っている人は多いかもしれませんが、今やそのイメージは捨てるべきです。「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾デザイナーやヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)らコレクションで活躍するデザイナーたちがフィットネスウエアの製作に携わる機会が増えてきているのです。スポーツメーカーのオリジナル商品もカラフルなものがそろい、ファッション性を考慮した商品構成が浸透してきています。


多目的に利用できるショップやジムがトレンド

 ショップ=買い物をする場所、ジム=汗を流す場所という枠組みが変化しつつあります。「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」のボルダリングジム併設店やカナダ発「ルルレモン(LULULEMON)」のショップなど、コミュニティー形成の場としての役割を積極的にアピールする店舗が増えています。ランステ(ランナーにロッカーやシャワールームを提供する施設)を併設したショップもあるので、覚えておくとより快適にフィットネスに取り組むことができます。


プラスアルファでフィットネスがさらに充実

 お気に入りのウエアやシューズを見つけることは、フィットネスを楽しく継続する上で大切な要素です。でも、それだけではなかなか続かないもの。フィットネス中の一息やアフターケアにも少しこだわることでフィットネスの充実感がグッと高まります。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。