ファッション

19-20年秋冬のロンドン・コレの見どころは? 2シーズン目の「バーバリー」と「モンクレール」が指名した若手に期待

 2019-20年秋冬のロンドン・ファッション・ウイークが2月14日に開幕する。翌15日から本格的にショーがはじまり、19日までの計6日間で公式スケジュールでは約55ブランドがショーを行う。

 今季のロンドンの注目は、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)が手掛けることになって2シーズン目の「バーバリー(BURBERRY)」だ。ファーストシーズンの好評を受け、初の秋冬がどんな内容になるのかに期待が集まる。パリで発表を続けてきた“女王”「ヴィヴィアン ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」が母国に凱旋する点も見逃せない。前シーズンからニューヨークを離れ、ロンドンで発表している「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」は、ショーの開催とともにヴィクトリア自身のユーチューブチャンネルの開設のお披露目会も行う。

 ロンドンといえば若手の街。見逃せないのは「リチャード クイン(RICHARD QUINN)」だ。この間、老舗百貨店リバティとの協業や、エリザベス2世のショー臨席などもあって話題を集めてきたが、19-20年秋冬は「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」とも協業が決まっている。次なる才能の発掘の場として、ウエストミンスター大学やセント・マーチン美術大学の卒業ショーには、各国アパレル関連企業の採用担当者も集まる。

2月15日(金)
9:00「マーク・ファスト(MARK FAST)」
10:00「ジェイミー ウェイ ファン(JAMIE WEI HUANG)」
11:00「アサイ(ASAI)」
13:00「ボラ アクス(BARA AKSU)」
14:00「ライアン ロー(RYAN LO)」
15:00「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」
16:00「マルタジャクボウスキー(MARTA JAKUBOWSKI)」
17:00 ウエストミンスター大学卒業ショー(UNIVERSITY OF WESTMINSTER)
18:00「マティ・ボヴァン(MATTY BAVAN)」
19:00「シモンズ ピアーマン(SYMONDS PEARMAIN)」
20:00「アシュリー ウィリアムス(ASHLEY WILLIAMS)」
21:00 セント・マーチン美術大学卒業ショー(CENTARL SAINT MARTINS)

2月16日(土)
9:00「ユードン チョイ(EUDON CHOI)」
10:00「アウェイク(A.W.A.K.E.)」
11:00「ポーツ1961(PORTS 1961)」
12:00「アレクサチャン(ALEXACHUNG)」
13:00「ジャスパー コンラン(JASPER CONRAN)」
14:00「モリー ゴダード(MOLLY GODDARD)」
15:00「ハルパーン(HALPERN)」
16:00「トーガ(TOGA)」
17:00「ハウス オブ ホランド(HOUSE OF HOLLAND)」
18:00「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」
19:00インターナショナル・ウールマーク・プライズ(INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE)」
20:00「メアリー カトランズ(MARY KATRANZOU)」

2月17日(日)
9:00「ナターシャ ジンコ(NATASYA ZINKO)」
10:00「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」
11:00「プリーン バイ ソーントン・ブレガッツィ(PREEN BY THORNTON BREGAZZI)」
11:30~13:30「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」
12:00「ローラン ムレ(ROLAND MOURET)」
13:00「マーガレット ハウエル(MARGARET HOWELL)」
14:00「ヴィヴィアン ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」
15:00「ファッションイースト(FASHION EAST)」
16:00「パム・ホッグ(PAM HOGG)」
17:00「バーバリー(BURBERRY)」
18:00「アシッシュ(ASHISH)」
19:00「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」
20:00「ピーター ピロット(PETER PILOTTE)」

2月18日(月)
9:00「リチャード マローン(RICHARD MALONE)」
10:00「ロクサンダ(ROKSANDA)」
11:00「アーデム(ERDEM)」
12:00「チャラヤン(CHALAYAN)」
13:00「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」
14:00「プリングル・オブ・スコットランド(PRINGLE OF SCOTLAND)」
15:00「クリストファー ケイン(CHRISTOPHER KANE)」
16:00「レジーナ ピョウ(REJINA PYO)」
17:00「エミリア ウィックステッド(EMILIA WICKSTEAD)」
17:30~19:30「マザー オブ パール(MOTHER OF PEARL)」
18:00「フューシャン ザン(HUISHAN ZHANG)」
19:00「デヴィッド コーマ(DAVID KOMA)」

2月19日(火)
9:00「プッシュボタン(PUSHBUTTON)」
11:00「シュリンプス(SHRIMPS)」
12:00「ロベルタ アイナー(ROBERTA EINER)」
14:00「イッズィー(IZZUE)」
15:00「リチャード クイン(RICHARD QUINN)」
19:00「オン|オフプレゼンツ…(ON|OFF PRESENTS…)」

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら