ファッション

「サカイ」が初のスマートフォンケースを発売 パリのポップアップストアで

 「サカイ(SACAI)」は2月12日、パリにオープンしたポップアップストア“ボンジュール サカイ(Bonjour sacai)”限定で、香港とロサンゼルスをベースとするライフスタイルブランド「ケースティファイ(CASETIFY)」とのコラボレーションによるスマートフォンケースを発売した。「サカイ」は以前、プロテクターを手掛けたことはあったが、スマートフォンケースは初めて。

 「サカイ」のポップアップストアが世界の各都市を巡回するポップアップツアー“ハロー サカイ(Hello sacai)”のためにデザインした限定モデルで、ブラック、ホワイト、ライトブルーの全3種類。“ハロー サカイ”の第1弾として、3月9日までパリ1区(40 Rue de Richelieu)にオープンしている“ボンジュール サカイ”および、“ボンジュール サカイ”の期間限定オンラインストアにて6000円(50ユーロ、55ドル)で販売している。

 「ケースティファイ」は個人で気軽にカスタムオーダーができるスマートフォンケースなどの事業で知られ、海外セレブのファンも多い。過去には「モンクレール(MONCLER)」や「ヴェトモン(VETEMENTS)」とのコラボレーションも行った。

 “ボンジュール サカイ”は、「サカイ」のウィメンズとメンズのコレクションの他、「アー・ペー・セー(A.P.C.)」などとのコラボレート・アイテムや「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカーなども販売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら