ファッション

メーガン妃愛用バッグ「ストラスベリー」が日本本格上陸 伊勢丹新宿で取り扱い開始

 スコットランド発のバッグブランド「ストラスベリー(STRATHBERRY)」を手掛けるストラスベリー社は、2月20日から伊勢丹新宿本店で販売する。

 2013年創業の同ブランドは、スコットランドの首都エディンバラでデザインし、スペインの工房で職人が全て手作りしているブランドだ。アイコンバッグの“ミディ・トート”は、メーガン・マークル(Meghan Markle)=サセックス公爵妃殿下(以下、メーガン妃)が婚約発表後の初公務で使用したことから、日本を含めてグローバルで認知が拡大した。

 日本で唯一の販売チャネルである日本向けのECサイトは18年5月にスタートしたが、当初からリアル店舗での販売を目指しており、今回が念願の初出店となる。メーガン妃効果でしばらく予約待ちが続いていた“ミディ・トート”も販売する。

 創業者のガイ・ハンドルビー(Guy Hundleby)最高経営責任者は今回の伊勢丹新宿本店での販売について、「13年に初めて同店を訪れたときからすばらしい百貨店だと思っていたし、日本での最初のパートナーとなったことはとても喜ばしいことで、今後も関係を深めていきたい。伊勢丹新宿本店で展開することによって日本の消費者の認知度を高められることを楽しみにしている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら