ファッション

イッセイ ミヤケが新作バッグ“おび”と“こんぶ”の製作工程を見せる企画展

 イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE INC.)は2月18日まで、三宅一生の創造の現場と三宅デザイン事務所の仕事を紹介する「OBI KONBU」展を東京・六本木の21_21デザインサイト(21_21 DESIGN SIGHT)ギャラリー3で開催している。

 新作バッグの“おび(OBI)”と“こんぶ(KONBU)”に焦点を当て、製造工程を映像や解体標本を通して紹介する。“おび”は熱を加えることで硬化する特殊なポリエステルの糸を用いたジャージー素材を用いたバッグ。平面に畳まれたときに形状が帯のように見えるのが特徴だ。“こんぶ”は、ポリエステルとナイロンの細い糸で巨大なバッグを編み上げた後、4分の1のサイズに圧縮して染色した、手の込んだ作り。滑らかな質感と立体的な形状を保つ硬さ、発色のよさが持ち味だ。

 会期中、ギャラリー内のショップでは“こんぶ”のバッグ2型21色を販売している。2月16日にはギャラリーツアーを予定する。

■「OBI KONBU」展
日程: 1月19日~2月18日(火曜日休館)
時間:10:00~19:00
入館料:無料
場所:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら